WEBサイト制作

ショッピングサイト制作

システム開発

コンテンツ制作

TORATについて

制作の流れ

プライバシーポリシー

お問い合わせは
こちらから

TOP

ソースコードを綺麗に表示させる「highlight.js」の使い方

2021年05月13日

投稿者: アンディ

今回は記事内のソースコードを綺麗にハイライトする(色を付ける)JSライブラリ「highlight.js」の使い方を紹介します。

こちらは、WordPressやはてなブログなどでも使用することができます。

CDNで使う方法も用意されているので、今回はライブラリをダウンロードし自分でサーバーにアップロードして使う方法と2つをご紹介します。

ライブラリをダウンロードしハイライト

公式サイトはこちらです。まずはこちらへアクセスしてください。

https://highlightjs.org/

公式サイトにアクセスしたら、右側にある「GET Version ~」をクリックして下さい。

「Custom package」より使用する言語にチェックを入れダウンロードボタンをクリックしてください。

デフォルトでいくつかチャックが入っていますが、使用しないようでしたら外しても問題ありません。

後々、新たにこの言語も表示したいとなった場合は、公式サイトより再度ダウンロードすれば大丈夫です。

ダウンロードした「highlight.zip」を解答してください。

ファイル構造は下記の様になっていると思いますが、実際に使用するのは2つだけとなります。

使用するファイル

  • highlight.pack.js
  • style内の使用するテーマCSS

ソースのハイライトテーマは下記より確認できます。

https://highlightjs.org/static/demo/

こちらの当サイト内では「monokai-sublime.css」を使用しています。

読み込み設定

まずはhilight.jsを入れるディレクトリを作り、FTPなどを使ってサーバーへアップします。

次にHTML内のヘッダーでhighlight.pack.jsと使用するstylesheetを読み込みます。

パスは各自変更してください。

<link rel="stylesheet" href="highlightjs/monokai-sublime.css">
<script src="highlightjs/highlight.pack.js"></script>

次にJSを実行するスクリプトをhead内に追加します。

<script type="text/javascript">
hljs.initHighlightingOnLoad();
</script>

highlight.jsを使ってハイライトする

ソースコードをハイライスするには、表示するコードを<pre><code></code></pre>で囲むだけです。

CDNを使ったハイライト方法

head内で読み込む

ダウンロードせずにCDNで使用する場合は、「cdnjs」の部分をそのままコピーしhead内に貼り付けます。

テーマの変更するには先程追加した

<link rel="stylesheet" href="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/highlight.js/10.7.2/styles/default.min.css">

の「default.min.css」を使用するcssに書き換えてください。

実行スクリプトの追加

次に下記のスクリプトをhead内に追加します。

<script>hljs.initHighlightingOnLoad();</script>

後は同じように表示するコードを<pre><code></code></pre>で囲むだけです。

この記事の投稿者

フロントエンドエンジニア

アンディ

ie6用透過png対応策

2012年2月24日 TORAT

2019年12月12日 アンディ

2020年5月1日 TORAT

WordPressの「メディアの追加」トラブル時の対処

2015年9月6日 TORAT

ブログ一覧へ

書いた人

WRITERS