WEBサイト制作

ショッピングサイト制作

システム開発

コンテンツ制作

TORATについて

制作の流れ

プライバシーポリシー

お問い合わせは
こちらから

TOP

Photoshopのマスクを活用して人物が粉々に消えていく加工をする

2022年02月10日

投稿者: yokota

Photoshopのマスクを活用して人物が粉々に消えていく加工をする

ブラシツールを使ったマスク方法(レイヤーマスク)とその活用方法を1つ紹介したいと思います。今回は人物が粉々に消えていくエフェクトを紹介します。

マスクの説明が不要な方は目次の『2.人物画像が粉々に消えるエフェクト』から移動してください。

レイヤーマスクの使い方

phothsopで画像を切り抜くとき、対象を選択ツールで囲って切り抜く方法、図形などを使って切り抜く方法などさまざまあると思います。今回使うレイヤーマスクとは、白と黒でコントロールしながらマスクしていく方法です。

黒(#000000)と白(#ffffff)でコントロールすることができ、隠したい部分を黒にすることによってマスクをかけることができます。黒なら何でもかまいません。
反対に、白は隠されずに表示されます。

photoshopのレイヤーマスク

マスクがかかった画像は表面上は切り抜かれているように見えますが、厳密にいうと隠したい部分を覆いかぶせて見えないようにしています。

【手順①】レイヤーを追加する

画像を用意し、「レイヤーマスク」を追加してください。

マスクを追加する

【手順②】マスクをかける

一度マスク全体を黒くしてみましょう。描いた箇所が隠れるかと思います。

反対に白いブラシで描いていくと隠れていた箇所が表示されます。

マスクを掛ける

マスクを選択した状態なら何度も編集することが可能です。

人物画像が粉々に消えるエフェクト

【手順①】背景と人物を別のレイヤーに分ける

人物を削った時に背景が無くならないように、背景と人物を別々のレイヤーに分けてください。

切り抜き
↑レイヤーを分離

【手順②】粉々になるところの下準備

人物レイヤーを複製【Ctrl+J】します。

混合ブラシツールを選択し、【Alt+クリック】で色をとり描いていきます。
ブラシで伸ばした部分にマスクをかけて粉々にさせるので、粉々にしたい方向に向かって描いていきましょう。

混合ブラシツール
↑混合ブラシツールで伸ばす

【手順③】マスクをかける

先程のレイヤーにマスクをかけ、黒く塗りつぶします。
人物だけのレイヤーにもマスクをかけます。こちらは白のままで大丈夫です。

マスクを掛ける

【手順④】粉々の部分を描いていく

人物のみ レイヤー ⇒ 黒いブラシ
人物のみ コピー(混合ブラシツールを使ったレイヤー) レイヤー ⇒ 白いブラシ
で描いていくことで粉々になったようなエフェクトをかけることができます。

【ポイント】
今回使ったブラシ:特殊効果ブラシ > Kyleのはねブラシ – 筆圧調整02
ブラシ設定の散布をや透明度、サイズを調節しながら描くことがポイントです!
離れているところは透明度を薄く小さく、近いところを濃く大きめにを意識するとうまくできます。

photoshop 散布ブラシ
↑使ったブラシ
粉々の加工を施す
↑こんな感じ!

完成!

そして最後に背景を表示させて完成です。
マスクをうまく使うことで難しそうなエフェクトも簡単にできてしまいます!

photoshopで粉々に消える加工

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

この記事の投稿者

Photoshopの「画像アセット生成」を活用しよう

2021年8月18日 TORAT

立体的なモックアップを作成しよう

2022年2月18日 TORAT

2022年1月28日 リッキー

2020年10月16日 リッキー

ブログ一覧へ

書いた人

WRITERS